三重県津市、鈴鹿市、四日市市、松阪市、名古屋市などの地域を中心にホームページの作成、ウェブサイトの制作を行っています。

ホームページ制作イルネージュ
自家製トピック
ベネッセから三度目のお手紙
2014年10月17日(金)
 7月の速達から日をおいて、10月のあたまに、ベネッセから「ベネッセコーポレーションより重要なお知らせです」と書かれた封筒が届ていました。
 500円分の図書カードを受け取るか、あるいは同額を今度設立する財団に寄付することと相殺にするか、どちらかを選んで同封の葉書で返書せよ、との主旨でしたので、当たり前のように前者に濃く『レ』のチェックを入れて投函したのです。

 ところが、それから十日ほどしてからのことです。
 一階から私を呼ぶ妻の声がします。

 妻「ねえ、あのベネッセの葉書、出してくれたよね」
 私「うん、出したよ」
 妻「なのに、また葉書を出すようにって、手紙が来たのよ」
 私「どういうこと? もう出したのにね」
 妻「仕事中にごめん。よかったら見てくれる?」

これは読みやすいように、標準仕様に変えてあるのでして、じっさいの会話は伊勢弁でした。

 妻「あんたさあ、あのベネッセの葉書、ちゃんと出したわなあ」
 私「なに。よう聞こえやん」
 妻「あのなあ、ベネッセのなあ、……(以下略)」
 私「あん、出しといた」
 妻「せやけどまた、おんなじように葉書出せて、言うて来たんやわ」
 私「なんやそれ。どういうこと?」
 妻「知らんわ。ええから、ちょっと降りてきて」

 また前と同じような封筒が届いたとのことでした。

 私は確かに出しました。霧雨の午後、マックスバリューの敷地の赤いポスト。店の方ではなく駐車場の方に投函口があったので、少し秋雨を肩に受けながら。それなのに、何でまた来るのか。

封筒1

封筒2


 考えてみれば、前のがベネッセに届いたから来るというのならわかるが、届かなかったから来るというのはおかしい。返信の期限は12月まであるからです。何か他に原因がある。

 両者の封筒を並べてよくよく閲するに、「対象とする方のお名前」や、「ご登録用コード」「ログインキー」がそれぞれ違っていて、つまり、親と子で別々に500円分の図書カードを贈る(もしくは財団法人に寄付する)ということだとわかりました。

 前の封筒も残していた私。だからこそ、原因が突き止められたのです。
 わずかな満足感を胸に、二階に戻る私でした。

Update:2014-10-17 Fri 12:44:43 ページトップへ
ホームページ制作イルネージュ

自家製トピック

※中川京人は、中川博之のペンネームです