三重県津市、鈴鹿市、四日市市、松阪市、名古屋市などの地域を中心にホームページの作成、ウェブサイトの制作を行っています。

ホームページ制作イルネージュ
自家製トピック
自殺の理由
自作掌編
2013年6月20日(木)
 老舗の書肆が軒を連ねる学生の街──。
 そういう風景を、田舎に生まれ育った自分は知らなかった。
 自分は、はるばる都会に出てきた田舎者の蝿なのである。ある書店の売り場へと、人の流れとともに運ばれてきた。
 新刊の平積みの上に止まり、たったいま目の前をかすめた腕の行き先を眺めている。
 書架から抜き出そうとして、若者の白く巨大な人差し指が伸ばされていた。
 本は黄色味を帯びたベージュ色の装丁で、『自殺の理由』との表題があった。
 手に取った若者はハードカバーの表紙を返し、目次を見ようとしている。
 自分は目をつぶって、人間だったときのことを思い返していた。


『海亀のスープ』と名付けられた有名な問題がある。
 古かろうが既出だろうが、わたしには重大である。
 この問題文は、こう締めくくる。
 ──どうして船乗りは自殺をしてしまったのだろうか?
 解答はさておくとして、わたしが注目するのは、自殺をした理由を問われて、答を出そうとする解答者の姿勢である。
 わたしは問題を出した友人に逆に聞き返した。ふたりとも真面目な青年だった。
 ──いったいみんなが「ああそれじゃ自殺しても無理ないね」と思えるような、そんな理由がこの世にあるのか。あると思う方がおかしいんじゃないか。
 助手席の友人は、面倒くさそうに、あるとしろ、と言ってまた黙り込んだ。

 いっぽう文学においては、偉そうに言うが、この態度(納得のできる自殺のように「死」を文脈に置くやり方)は命取りになるのではないだろうか。
 あくまでも死は異物であり、厄介者であり、面倒くさくて、とうてい受け入れられないものである。
 自殺はそれでも起こる。
 理由において80点をもらったから生じたのではない。
 合格点などない。
 わたしは、なかなか解答にたどり着けなかったが、たとえどんな正解を聞くにしろ、こう言い返してやろうと思っていた。
 ──そんなことで自殺なんかするかよ。
 でもだめだった。
 わたしは正解を出してしまった。
 ああこれが正解なんだと認識しながら。
 それなら船乗りを自殺に追いやったのは、自分かもしれないと思いながら。


 ……。
 いくらかページを繰っていた指の持ち主は、短く嘆息して、本を元の棚にはじき返した。
 何かつぶやいていたけれど、蝿の自分には聞き取れなかった。


Update:2013-06-20 Thu 20:21:32 ページトップへ
ホームページ制作イルネージュ

自家製トピック

※中川京人は、中川博之のペンネームです