三重県津市、鈴鹿市、四日市市、松阪市、名古屋市などの地域を中心にホームページの作成、ウェブサイトの制作を行っています。

ホームページ制作イルネージュ
自家製トピック
画像検索とCAPTCHA(キャプチャ/画像認証)
2013年6月15日(土)
わたしは芸能人さんの顔と名前が一致しないので、しょっちゅうグーグルの画像検索で確かめたりしています。
そのさい、キーとなるのは、言葉であって画像ではありません。そして、検索結果として出てくる画像も、あらかじめ言葉とのセットでグーグルのデータベースにしまわれていたものが引っ張り出されているみたいです。

つまり、

(1)キーワード(たとえば芸能人の氏名)を投入
    ↓
(2)画像とセットになっている言葉(同氏名)でヒット
    ↓
(3)その画像が返される

というような流れであろうと思います。

しかしですね、世に「キーワード」はあっても、いまだ「キーイメージ」という言葉はあまり聞くことはありません。
いったい、画像をキーにしての検索はできないものでしょうか。

できるんですね。
グーグルの「画像を検索」の中に、
「画像で検索 テキストの代わりに画像で Google を検索します」
という機能があって、ウェブ上の、あるいはその場でアップロードした画像をもとに検索することができるようです。

たとえば、下の画像を、グーグルの「画像で検索」をしてみます。左にあるやつですね。

gpgpgp_20130615112515_1

すると、「ときはぎ……」とか、「とある……」とか、たしかに「と」の文字で始まる画像を検出してくれます。あとは赤いフレームのめがねとか、赤いリボンとか、極局所的な色の変化を読み取って判定しているみたいです。最初のひと文字しか読んでいないのが笑えますが、これは画像⇔画像で直接に比較するのではなく、文字を介在させていると予感させるものです。この場合の文字とは、「と」です。すなわち、赤いめがねも赤いリボンも「と」なんでしょう。

ところが、続けて次の画像でやってみると、意外な結果が返ってきます。

gpgpgp_20130615112515_2

これはさきほどの画像の「と」の部分だけを少し変形したものです。誰が読んでも「と」から始まる画像だとわかるでしょうと思いきや、グーグル様は「こ」と解釈されたようで、「こもれび……」とか、あるいは「びゃ」とか文字の画像を寄越してきました。

わたしは、腕を組んで感心していました。
なるほど。それで世に CAPTCHA(キャプチャ/画像認証)なるものが、効果があるとされているのか。
キャプチャとは、よく他人のブログなどに書き込む前などに出てくるやつで、デフォルメした英文字の画像を見せ、それをアルファベットとして正しく認識できた者だけを人間(ボットではない)であるとみなして先に進むことを許可するという、一種のチューリングテスト(投稿者が判定を受ける)みたいなものですね。

たとえば下のような画像を見せられても、人間と違って、ボット(ソフトウェア)には、#1も#2も、「A」とは読めないということが、キャプチャの信頼性の基礎となっているんですね。

gpgpgp_20130615114745_1

それを思うと、ひとつの結論がにじみ出るのです。

画像をキーとする限り、まともな検索はできないのではないか(偶然はともかく)。
「あの形のあの木と時計の絵、何だったかな」と、思うままに絵を描いてみるのでは、よほど的確でない限り、とうていキーとして成立しないでしょう。

「記憶の固執」「柔らかい時計」「ダリ」などという言葉が絶対に必要です。


続く……ことになりました)

Update:2014-11-22 Sat 14:51:58 ページトップへ
ホームページ制作イルネージュ

自家製トピック

※中川京人は、中川博之のペンネームです