三重県津市、鈴鹿市、四日市市、松阪市、名古屋市などの地域を中心にホームページの作成、ウェブサイトの制作を行っています。

ホームページ制作イルネージュ
自家製トピック
画像を喰らう言葉 ~ bokete.jp
2014年6月9日(月)
(……前回のあらすじ)

言葉が画像に従属する最近のプレゼン現場のありさまを憂うある宗教学者のコラムを目にしたことから、逆の現象はないものかと模索が始まった……。答は身近なところにありました。

---------------------

bokete.jp というサイトがあります。

すでにご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、サイト側の説明によると、「写真で一言ボケる」ことに特化したWebサービスということで、ソーシャルネットワークサービスの一種ともいえます。
登録した会員がお題となる画像を提供し、それに応じて、他の会員が適切な言葉(=キャプション)を投稿するという形式が基本となります(絵の提供者は、絵の作者とは限りません。また、キャプションの投稿者は、一般に、絵の提供者とは別人です)。

これがなぜ、「画像を喰らう言葉」となるのかというと、ここで展開される画像と言葉の関係が、前回に書いた「パワーポイントとそれに引きずられる説明」と正反対だからです。

ここでは、言葉は、画像を説明したり補足したりするという役割を放棄しています。なんらかの意図を持って描かれ撮られたはずのイラストや写真に対して、付けられた言葉が少しも協力しようとしないのです。それどころか、それらの意図を引きちぎり食い破るような、凶暴さすら感じるものもあります。

画像の引用はしてはいけないのでしょうが、ここで2点だけ挙げたいと思います。いづれも職人級の出来栄えです(絵ではなくキャプションが、です)。


二次会行くって!




(今は仕事中だ、お父さんて呼ぶな)


文字による画像の破壊です。

「ボケて」というタイトルを持ったサイトですが、パワーポイント的正気の沙汰からは、とうてい出てこない言葉たちが溢れています。

こんな言葉、自分に作れるのかな、と思います。
アカウントは持っていますが、恥ずかしくて公開できません。
それにしても、「ボケて」を人に説明している自分って、なんてパワーポイント的なんでしょう!



Update:2015-02-06 Fri 01:01:10 ページトップへ
ホームページ制作イルネージュ

自家製トピック

※中川京人は、中川博之のペンネームです